blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ

タグ:Paris ( 11 ) タグの人気記事


2016年 06月 04日

逆光    Paris

M4   Summilux 35F1.4

冬のヨーロッパは日暮れが早い。
午後になると、早い時間から西日がまばゆくなってくる。
写真には難しいが、冬の逆光は決まると印象的な一枚になる。

b0160190_1319459.jpg


テレビではフランス、ドイツの洪水を伝え
セーヌ川の水量も高くなって、
パリも心配されている。
これ以上、被害が出ないことを祈るばかりだ。

・この写真を今週末まで
祐天寺の「paper pool」に飾らせてもらっています。
"fav camera"グループ展【後期】
後期: 6月2日〜12日
各2週間ずつ(木・金・土・日)展示。
詳しくはfacebookやホームページでご確認ください。

変則の展示で
今週いっぱいですが
よろしくお願いいたします。
本日(6月4日・土曜日)は出展作家の会が2000時まで。
それ以降が通常営業です。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2016-06-04 13:17 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2015年 11月 15日

Pray For Paris     Paris

M4   Summilux 35F1.4

人種と年齢関係なく
集まった人たちがサッカーを始める。
パリの素晴らしい光景。

11月13日のテロで
犠牲となった方たちのご冥福をお祈りします。

b0160190_2353942.jpg




©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-11-15 02:36 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2015年 05月 31日

セーヌのほとり   Paris

M4  Summilux 35F1.4

クリスマスの夕暮れ
急ぎ足のムッシュ

b0160190_22472425.jpg



©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-05-31 22:33 | Summilux 35F1.4 | Comments(10)
2015年 05月 27日

クリスマスの夜   Paris

M4  Summilux 35F1.4

Paris、クリスマスの夜。
男ひとりの風景

b0160190_0242341.jpg

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-05-27 00:26 | Summilux 35F1.4 | Comments(4)
2011年 03月 10日

二人旅かな?     Paris

Leica M4
Elmarit 28F2.8

暖かい夜といっても
年末のパリ、気温は5度は無いと思う。
女の子の二人旅だろうか?
コンコルド広場を眺めていた。

b0160190_2571416.jpg


僕はといえば
2頁前の記事で触れたように
マルセイユで壊れてしまった
28mmのファインダーと同じものをパリで買って
Elmaritで夜のスナップを楽しんでいた。

というのも、このファインダーは
本当に偶然の出会いで買うことが出来たのだ。
パリについた夜、
ホテルを出て、凱旋門に向かおうと歩き始めたが
僕には珍しく、方角を間違えてしまい
大きな通りを違う方向に歩いてしまった。
少し歩いて交差点の左手に見えるはずの凱旋門が見えないので
軌道修正して歩いた通りの、凱旋門のすぐ近くに
思いがけず小さな中古カメラショップを発見した。
たしかお店には通りの名前がついていた。
そこに僕が使っていたものと同じ
フォクトレンダーのファインダーが売っていたのだ。
こういう出会いが有るということは
28mmで撮りなさいと
写真の神様が知らせてくださったということ。

更にラッキーなことに、
帰国して気付いたのだが、
日本より4000円くらい安かった。
パリでお買い得とは・・・
長引く不況にさらされている日本からの旅人にとって
円高はなにより強い味方だった。

そういうわけで今はおんぼろのM4に
黒光りでピカピカのファインダーが載っている。
ちょっと恥ずかしいが、
使っているうちにまた馴染んでくれるだろう。
見比べてみると
壊れたファインダーはかなり使い込まれていた。
こちらには“有難う”と心の中でいいたい。

《追伸》
今、2項前の記事を読み返して
思わず笑ってしまったのですが
実は僕のM6は28mmの枠は消してあるのです。
つまり、M6を持って行っていても
28mmの枠は出なかったのです。
今までその事を忘れていました。
マルセイユでM6だったらと思っていた
あの日の自分を思い出し苦笑しています。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2011-03-10 03:18 | Elmarit 28F2.8 | Comments(8)
2011年 03月 02日

夜のパリ    Paris

Leica M4
Elmarit 28F2.8

b0160190_128361.jpg


いくつもの写真集を見て
憧れた夜のパリ
カメラを下げて歩くには
最も素敵な町のひとつだと思わせてくれた。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2011-03-02 19:55 | Elmarit 28F2.8 | Comments(10)
2010年 11月 19日

雨の日に     Paris

b0160190_3361219.jpg
Leica M6
Summilux 35F1.4

傘をさして
モンパルナスからカルチェ・ラタンまで凍えつつ散歩。
古い教会の表通りで
写真ギャラリーに出会った。
一階は写真集の書店で地下にギャラリーがある。
店頭に並んだ写真集の充実振りは流石に左岸だった。
日本の写真集のセレクトも良かったように記憶している。

次にパリに行ったら再度訪ねてみたいと思っている場所だ。
趣味に合ったこうしたギャラリーとの出会いは、旅の喜びのひとつ。
年の瀬の冷たい雨の中ならなおさらだ。


今、カメラマンの蜂谷秀人さんが
銀座のキヤノンギャラリーで
蜂谷氏が20年に渡り撮り続けているツール・ド・フランスの
写真展を開催しています。
「ツール・ド・フランス~二つの世紀をまたぐ~」

物静かで優しい蜂谷氏ですが
20年に渡る取材は本当に凄い。
そして、好きで撮り続けている写真には
蓄積された魅力があるとおもいます。
時間が有りましたらお出かけ下さい。

●東京・銀座 11月18日~24日
●宮城・仙台 12月24日~2011年1月11日
●大阪・梅田 2011年1月20~26日

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-11-19 03:41 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2009年 07月 23日

左岸の歌声      Paris

Leica M6
Summilux 35F1.4

セーヌ左岸、霧雨の街角に
美しい少女がピアノの伴奏で歌っているCafé があった。
僕はそのパリらしい雰囲気に打ちのめされた気がした。

b0160190_15745.jpg


写真を撮ってから15年。
何度かパリを訪れこのお店の前を通っているが
今では全く違った感じになっている。
最後に訪れたときには
重低音の効いたラップミュージックがかかっていた。

FRANCOISE HARDY 「もう森へなんか行かない」
 https://www.youtube.com/watch?v=J_y6wkhcFCE
と言う歌がイメージに合うかもしれません。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-07-23 14:54 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2009年 06月 11日

エッフェル塔     Paris

Leica M6
Summilux 35F1.4

やっぱり、パリ
いつも訪れたいと思っている。

b0160190_257232.jpg


我が家のリビングに飾ってある写真、
ネームカードもそうです。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-06-11 02:56 | Summilux 35F1.4 | Comments(14)
2009年 03月 10日

街の魅力、人の魅力   Paris

Leica M6
M-Rokkor28F2.8

何気ない生活の中に
この景観を見せられると
パリという街の魅力に圧倒される。
そしてこの街を愛し、生活する人にも。
b0160190_3224236.jpg

素晴らしい写真家・清家冨夫さんに
今回の写真を撮ったレンズ、M-Rokkor28F2.8について
「いまひとつ気に入らないのです」と話した。
「どうして?」と仰る、大先輩に
僕はカフェオレを飲みながらつまらない説明をしていたと思う。
やはり、自分にとっていい写真、
お気に入りの瞬間を残してくれたレンズが
〝いいレンズ〟なのだろうか。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-03-10 09:28 | M-Rokkor28F2.8 | Comments(12)