blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ

タグ:M6 ( 19 ) タグの人気記事


2017年 07月 08日

回帰の日           Hong Kong

M6 Summilux 35F1.4

1 July 1997 Hong Kong

b0160190_3165623.jpg

20年前の中国回帰までは、足繁く香港に通い、ライカを下げて街をぶらぶらしていた。まだ僕も若く、M6にカラーポジ、M4にモノクロというスタイルだった。そして香港が英国から中国に返還された1997年6月30日から7月1日にかけても、ライカを下げて、1日中、香港島と九龍側をぶらぶらと歩いた。
その7月1日に撮影した中でいちばん心に残る写真が、この五星紅旗のおじいさんの一枚だった。若者たちは返還されることを不安がっていたが、湾仔の薄暗い階段で茘枝(ライチ)を売っていたおじいさんは、中国への回帰を心の底から喜んでいた。
その年の暮れ、中国に回帰した香港に行って、この写真のプリントを渡そうとおじいさんのいた階段に行ってみたが、この場所に姿はなかった。写真を見せながら、付近を訪ね歩いていると、髭を生やし香港映画に出て来そうな面構えの頑固そうなおじさんが商売の手を止めて、おじいさんがよく行く香港人しかいない広い食堂や小さな飯屋に連れて行ってくれ、人でごった返す店内を一緒に探してくれた。最後には住民しか入って行けそうにないビルの谷間の暗い路地に入り、古い雑居ビルにあるおじいさんの部屋にまで連れて行ってくれ、大声で名を叫びながらドアを叩いてくれた。ビルへの小路は湿ってズルズルと靴を滑らせ、部屋に登る階段は真っ暗だった。ついに、おじいさんには会えなかった。それでも、その親切なおじさんは快くこの写真を預かってくれた。確実に渡してもらえていると思う。
機会があれば、二人に会いにまた湾仔を訪ねたいものだ。しかし、再会は叶わないだろう。おじいさんもおじさんも、もう商売をできる年齢ではないと思える。20年という月日が流れているのだ。
この旅以降は香港、マカオに心が向かなくなった。あれほど好きだったのに。仲のいい親戚が香港に赴任している間にも、何度も誘ってくれたが、それでも行かなかった。
僕にとっての香港は、返還前のどこか宙に浮いた感じのある自由な香港だったのかもしれない。手足のすーと長いフェイ・ウォンが、上を見ながら散策している街…。20年前のチャーミングなフェイ・ウォンと湾仔で海老ワンタン麺を食べたかった。僕は陳慧琳さんとは、20年以上前のことだが、渋谷で向かい合ってラーメンを食べたことがあるのだ。
1997年末から98年始めの新生香港への旅。結局これが最後の香港になっている。帰国の日、九龍から新空港に向かう路線バスに乗った。途中、車窓から見た港湾沿いの景色は、ものすごい建設ラッシュで、これからもこの街は変わり続けて行くんだなと強く感じたことが印象に残っている。
僕は今も香港が大好きだ。もしかしたらパリよりローマより好きかもしれない。魅惑的で、古いカメラと単眼レンズが似合う街なのだ。
[PR]

by leitica | 2017-07-08 03:17 | Summilux 35F1.4 | Comments(2)
2012年 12月 21日

聖なる光      Köln

Leica M6
Summilux 35F1.4

ケルン大聖堂から下りているとき
息を切らしながら階段を上ってきた少女とすれ違った
思わず振り返りシャッターを切った。

b0160190_4195686.jpg


明かり取り窓からの光を受けた
美しい瞬間に出会えた。


年末は二年ぶりのヨーロッパ。
M4にSummilux 35F1.4で
行こうと思っています。

皆さん良い年をお迎えください。
[PR]

by leitica | 2012-12-21 04:23 | Summilux 35F1.4 | Comments(16)
2011年 09月 14日

静かな部屋   New Orleans

b0160190_16551954.jpg
Leica M6
Summilux 35F1.4

喧騒のCafé の奥には
静かな別室があり、
恋人達が声を落として語り合っていた。

僕はそちらの部屋に憧れたが
一人だったので手前の部屋の一番奥のテーブルに座った。



9月11日、アメリカの同時多発テロから10年。
中国の台頭、ロシア軍機の日本一周、北朝鮮からの亡命者、
アメリカ軍のルーマニアへの防衛ミサイル配備・・・
東日本大震災から半年、何も解決していない福島の原発問題
フランスの核施設の事故 etc.
世界の緊張感は高まっているように感じる。

このCafé の奥の部屋の様に
のどかに生きたいものだ。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2011-09-14 16:56 | Summilux 35F1.4 | Comments(12)
2010年 11月 19日

雨の日に     Paris

b0160190_3361219.jpg
Leica M6
Summilux 35F1.4

傘をさして
モンパルナスからカルチェ・ラタンまで凍えつつ散歩。
古い教会の表通りで
写真ギャラリーに出会った。
一階は写真集の書店で地下にギャラリーがある。
店頭に並んだ写真集の充実振りは流石に左岸だった。
日本の写真集のセレクトも良かったように記憶している。

次にパリに行ったら再度訪ねてみたいと思っている場所だ。
趣味に合ったこうしたギャラリーとの出会いは、旅の喜びのひとつ。
年の瀬の冷たい雨の中ならなおさらだ。


今、カメラマンの蜂谷秀人さんが
銀座のキヤノンギャラリーで
蜂谷氏が20年に渡り撮り続けているツール・ド・フランスの
写真展を開催しています。
「ツール・ド・フランス~二つの世紀をまたぐ~」

物静かで優しい蜂谷氏ですが
20年に渡る取材は本当に凄い。
そして、好きで撮り続けている写真には
蓄積された魅力があるとおもいます。
時間が有りましたらお出かけ下さい。

●東京・銀座 11月18日~24日
●宮城・仙台 12月24日~2011年1月11日
●大阪・梅田 2011年1月20~26日

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-11-19 03:41 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2010年 09月 28日

車窓より      Dresden

Leica M6
Summar 50F2
b0160190_2531643.jpg


ベルリンからプラハに向かう特急列車の車窓。
霧の中に素敵な並木が現れた。

この時の旅はドレスデンまでだったが
その数年後、
この特急列車にドレスデンから乗車して
プラハに向かった。
年末に国境を越える国際列車は
独特の雰囲気が感じられる。
それに
ドレスデンープラハ間はとてもお勧めだ。
エルベ川沿いを走る車窓の景色が
何といっても素晴らしい。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-09-28 02:54 | Summar50F2 | Comments(4)
2010年 03月 05日

人の鎖・心の鎖      Dresden

Leica M6
M-Rokkor28F2.8

ひと月前になってしまいますが
ドレスデンで印象に残る出来事がありました。

b0160190_39786.jpg


ー新聞記事よりー
 第二次大戦末期の連合軍による大空襲から六十五年を迎えたドイツ東部ドレスデンで十三日、ネオナチなどの極右団体がデモを計画、これに対し、市民ら一万人以上が「人間の鎖」をつくって対抗。警官約七千人も出動し、極右のデモは阻止された。

 極右団体は、約二万五千人の犠牲者を出したとされる英米軍による空爆について、「爆弾による大量虐殺(ホロコースト)」と主張。デモのため約六千四百人を動員した。

 市民らは、空襲で破壊、再建され戦災の象徴となったフラウエン(聖母)教会がある旧市街を囲むようにして手をつなぎ、人間の鎖をつくった。鎖に加わったオロス市長は「追悼の日を悪用しようとする動きには、断固反対する」と強調した。もみ合いなどで警官ら約三十人が負傷した。

 ネオナチは同日夜、同市周辺などで暴れ、約百八十人が警察に一時拘束された。
 《東京新聞 2月15日朝刊》

ドレスデンの大空襲は広島・長崎の原爆と共に
悲惨な出来事として伝えられています。
でも戦争の悲惨さは地球上のいたる所に残っています。
3月10日、東京も大空襲から65年を迎えます。
心静かにその日を迎えたいと思います。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2010-03-05 03:16 | M-Rokkor28F2.8 | Comments(6)
2009年 09月 02日

朝陽の中で微笑んで     Dresden

Leica M6
M-Rokkor 28F2.8

眩しくても透明な朝日の中、
新市街から旧市街へ急ぐ人の波。

b0160190_254965.jpg

凍風の吹くエルベ川の橋の上にあった
優しい日常。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2009-09-02 02:56 | M-Rokkor28F2.8 | Comments(14)
2009年 07月 31日

帰り道      Brugge

Leica M6
Elmarit 28F2.8

夕暮れのブリュージュ。
買い物帰りの女性の足取りは速かった。

b0160190_1651456.jpg


レジ袋のライオンのプリントもおしゃれに見えたが
ニュースでイギリス最大手スーパーの買い物袋の使用量が
大幅に削減されたと云うのがあった。
僕の耳と胸には痛いニュースだが
日本の現状はどうなんだろう。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-07-31 16:58 | Elmarit 28F2.8 | Comments(12)
2009年 07月 23日

左岸の歌声      Paris

Leica M6
Summilux 35F1.4

セーヌ左岸、霧雨の街角に
美しい少女がピアノの伴奏で歌っているCafé があった。
僕はそのパリらしい雰囲気に打ちのめされた気がした。

b0160190_15745.jpg


写真を撮ってから15年。
何度かパリを訪れこのお店の前を通っているが
今では全く違った感じになっている。
最後に訪れたときには
重低音の効いたラップミュージックがかかっていた。

FRANCOISE HARDY 「もう森へなんか行かない」
 https://www.youtube.com/watch?v=J_y6wkhcFCE
と言う歌がイメージに合うかもしれません。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-07-23 14:54 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2009年 07月 09日

水の古都        Brugge

Leica M6
Elmarit 28F2.8

美しい古都
運河からの眺め

b0160190_14303182.jpg


先日、コメントの中で
ブルージュの旅をお勧めしたので
ファイルから美しい街並の写真を探してみたが
思いのほか少なかった。
何を撮って来たのだろう・・・

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-07-09 14:22 | Elmarit 28F2.8 | Comments(14)