blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ

タグ:港町 ( 12 ) タグの人気記事


2017年 07月 08日

回帰の日           Hong Kong

M6 Summilux 35F1.4

1 July 1997 Hong Kong

b0160190_3165623.jpg

20年前の中国回帰までは、足繁く香港に通い、ライカを下げて街をぶらぶらしていた。まだ僕も若く、M6にカラーポジ、M4にモノクロというスタイルだった。そして香港が英国から中国に返還された1997年6月30日から7月1日にかけても、ライカを下げて、1日中、香港島と九龍側をぶらぶらと歩いた。
その7月1日に撮影した中でいちばん心に残る写真が、この五星紅旗のおじいさんの一枚だった。若者たちは返還されることを不安がっていたが、湾仔の薄暗い階段で茘枝(ライチ)を売っていたおじいさんは、中国への回帰を心の底から喜んでいた。
その年の暮れ、中国に回帰した香港に行って、この写真のプリントを渡そうとおじいさんのいた階段に行ってみたが、この場所に姿はなかった。写真を見せながら、付近を訪ね歩いていると、髭を生やし香港映画に出て来そうな面構えの頑固そうなおじさんが商売の手を止めて、おじいさんがよく行く香港人しかいない広い食堂や小さな飯屋に連れて行ってくれ、人でごった返す店内を一緒に探してくれた。最後には住民しか入って行けそうにないビルの谷間の暗い路地に入り、古い雑居ビルにあるおじいさんの部屋にまで連れて行ってくれ、大声で名を叫びながらドアを叩いてくれた。ビルへの小路は湿ってズルズルと靴を滑らせ、部屋に登る階段は真っ暗だった。ついに、おじいさんには会えなかった。それでも、その親切なおじさんは快くこの写真を預かってくれた。確実に渡してもらえていると思う。
機会があれば、二人に会いにまた湾仔を訪ねたいものだ。しかし、再会は叶わないだろう。おじいさんもおじさんも、もう商売をできる年齢ではないと思える。20年という月日が流れているのだ。
この旅以降は香港、マカオに心が向かなくなった。あれほど好きだったのに。仲のいい親戚が香港に赴任している間にも、何度も誘ってくれたが、それでも行かなかった。
僕にとっての香港は、返還前のどこか宙に浮いた感じのある自由な香港だったのかもしれない。手足のすーと長いフェイ・ウォンが、上を見ながら散策している街…。20年前のチャーミングなフェイ・ウォンと湾仔で海老ワンタン麺を食べたかった。僕は陳慧琳さんとは、20年以上前のことだが、渋谷で向かい合ってラーメンを食べたことがあるのだ。
1997年末から98年始めの新生香港への旅。結局これが最後の香港になっている。帰国の日、九龍から新空港に向かう路線バスに乗った。途中、車窓から見た港湾沿いの景色は、ものすごい建設ラッシュで、これからもこの街は変わり続けて行くんだなと強く感じたことが印象に残っている。
僕は今も香港が大好きだ。もしかしたらパリよりローマより好きかもしれない。魅惑的で、古いカメラと単眼レンズが似合う街なのだ。
[PR]

by leitica | 2017-07-08 03:17 | Summilux 35F1.4 | Comments(2)
2016年 05月 26日

瞬時の判断   Lübeck

M4   Summilux 35F1.4

b0160190_3121385.jpg


絵になる被写体がやってくる
一瞬の判断で
ファインダー内のバランスを取れるように
気持ちを維持していること。
最近、それが出来ていない。
フィルム時代のマニュアルカメラで撮るには
この気持ちが大切な感じがします。

・この写真を大阪で開催される
熊本地震のチャリティーに出展しています。
『九州復興支援アートバザール<ANIMART−アニマート−>』
http://animart.webcrow.jp/
5月27日から6月8日まで
もしよかったら、お近くの方、
ギャラリーに行ってみてください。
僕のはいつも通りノントリミング、
8×10のイルフォードのバラ板です。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2016-05-26 03:16 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2014年 01月 15日

浮かんだストーリー  Marseille

M4  Summilux 35F1.4
b0160190_39471.jpg

波しぶきの立ち上る冬の港
中年の男が両手をコートに突っ込み
風に逆らって歩いて行った。
あさ黒い丸顔、深い皺、黒い瞳
古いLeicaを手にする東洋人を一瞥して
早い足取りだった。

そして暫くすると
再び同じ足取りで戻ってきた。
港の先のほうには、同じような黒い男が車で来ていた。
会話があったかどうかはわからない。

まるで、影のある荒くれ男が主役の
古いフランス映画のワンシーンではないか・・・
さすが
マルセイユ。



・久しぶりのUPで申し訳ありません。

昨年末、賀状を作るために約1年ぶりに
スキャナーを使いました。
なんと修理に出して1年間、預かってもらっていたのです。
私が使っている某社のプリンターは
なぜか頻繁に故障するのです。
修理に出すときに安いのを買って帰ったのですが
その安いのも、先日ストップしました。
ああ、またか・・・という感じです。

賀状を出した後、
パリに行きましたが
アラン・ドロンの若いころの写真を使ったポスターが
貼ってありました。
若くて、悪そうな匂いのするアラン・ドロンでした。
でもこの写真の男のイメージはアラン・ドロンではありません。
思い出したのはジャン・ギャバンでした。
[PR]

by leitica | 2014-01-15 03:35 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2010年 09月 10日

写真展、有難うございました     Hiroshima

Leica M4
Summicron 50F2

b0160190_3222375.jpg


写真展、終了しました。
来場して下さった皆さまに
写真を、じっくり見ていただき、
そして感じていただき、
良い写真展が出来たと思っています。

コスモスインターナショナルの
新山洋一社長さんはじめスタッフの皆さま
そして来場してくださった方々に
心より感謝いたします。

2010年9月12日


『祈り・願い 子から子へ 2010』
~8月6日の広島平和記念公園~

 広島は被爆から65回目の原爆記念日を迎えました。
今年の8月6日の日差しは例年より強く、平和公園の敷石に映る人影の輪郭も濃く感じられました。このように強い日差しの中、平和公園には多くの人が手を合わせに来ていました。
その気持ちは、かつて広島の誰もが抱いていた原爆を落としたアメリカが憎いというものではなく、亡くなった人々に安らかに眠って欲しいという祈りと、戦争が二度と起こってほしくないという願いであると私は信じています。
私は以前から原爆で弟(当時旧制中学1年生)を失った母と一緒に、8月6日の平和公園を訪れていましたが、20世紀の終わる2000年からは、毎年、カメラを持って平和公園で祈りを捧げる人々を撮影するようになりました。
昭和時代には“原爆について触れて欲しくない、思い出したくない”との思いが強く、テレビで原爆のニュースや特集を見て「ほっといて欲しいんよねぇ」と、独り言のように口にしていた母や、その世代の人々が年老いていくにつれ、自分達の「地獄を見た」体験を後世に伝えなくてはならないと思い始めているのが、私にも感じられたからでした。
それは決して、誰が悪いと訴えることではなく、原爆を使った戦争を繰り返してしてはいけない、ただただ平和であって欲しいという気持ちからに他なりません。
 今年、母は7月中旬に足を捻挫し、平和公園に手を合わせに行くことが出来ませんでした。毎年8月6日には、どんなことがあっても平和公園に行かないと気がすまない母にとっては、辛いことだったと思います。
 平和公園で出合った88歳のおばあさんに、そのことを話すと
「ええ、良く分かります。私もあちこち痛いのですが、今日だけはどんなにしんどくても平和公園に来ないと気がすみません。毎年、今年が最後になるかも知れないと思って来ています」
と、涙を浮かべながら話していました。
そのおばあさんは、妹さんを亡くし、ご遺体にも会えていないそうです。8月7日から12月まで広島中を捜し歩き、弟の遺品すら見つけられなかった母と同じでした。私はおばあさんと別れる時に、「来年も必ず平和公園にお参りに来て下さい」と言いました。
 母は平和公園から帰った私に「今日は有難うね」と、静かに言いました。それは他の誰でもなく、息子が手を合わせに行くことが母の救いとなったのだと思います。
 この10年、一人で平和公園に来るお年寄りの姿は確実に減っていると思います。杖を持ちゆっくり歩く姿も増えました。慰霊碑前の少しの階段でも被爆体験のある世代には辛いものだと思います。こうして繰り返されてきた祈りの姿と心を、子である私達から孫達、そして後世に伝えていくのは私達の勤めのように思えるのです。
 テレビで報じられ、大勢の人が集まる式典には、広島の人には行きたくないと思っている人が少なくありません。しかし、その騒がしい式典の局地局面には、“心を込めて静かに平和を祈る人”の姿が有るのです。その姿を心のどこかに残していただけると幸いです。


・展示は前半が終戦60年の2005年の写真展から。後半が今年8月に広島で開催した写真展から選んだものです。
・小学生以下のお子さんには「平和を祈る姿なんだよ」という感じでお伝え下さい。
・今回、コスモスインターナショナルの新山洋一代表取締役社長のお父さまで、尊敬する写真家・新山清(1911-69)様の広島の写真と一緒に展示出来ましたことを本当に光栄に思っています。
[PR]

by leitica | 2010-09-10 03:23 | Summicron50F2 | Comments(16)
2010年 07月 12日

北の港      Stralsund

Leica M4
Elmarit 28F2.8

こうした旋律を胸に揺らせながら
シャッターを静かに押してみる。

「Ogiyodiora」  Lee Sang Eun
http://www.youtube.com/watch?v=u8EmQkrt_U0&feature=related

b0160190_1464960.jpg


サッカーのワールドカップ、
一ヶ月に渡り楽しませてもらった。
4年前のドイツ大会のあと
Leicaを携えてワールドカップ観戦に行ってきた友人と二人で
ドイツの写真展を催したことが懐かしい。
友人はワールドカップに沸くドイツの様子、
僕はドイツの旅写真だった。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-07-12 01:53 | Elmarit 28F2.8 | Comments(5)
2010年 05月 14日

観覧車       Liverpool

Leica M4
Summilux 35F1.4

僕のイメージするプリントとは少し違うけど
b0160190_16133083.jpg
UPしてみました。

リバプールの新しい中心地・ショッピングモールは
想像していたより近代的で、正直、驚きました。
でもショッピングモールから少し外れると
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴが若かった頃から
あまり変わっていないと思われる雰囲気に沢山出会えました。

まだ、プリントしていない昨年暮れのリバプール。
ラストの2本に写っていた数枚だけ焼いてみました。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-05-14 16:16 | Summilux 35F1.4 | Comments(7)
2010年 02月 17日

職人     Napoli

Leica M4
Summilux 35F1.4

超有名店の
il Pizzaiuoloの動きには無駄が無く
その手際のよさは
長い待ち時間さえ忘れさせてくれた。

b0160190_242258.jpg


流石にナポリ、
ガイドブックに載るほどの有名店であっても
味も雰囲気も本当に素晴らしかった。
写真にある大皿と同じサイズの熱々マルゲリータを、
あっという間に平らげてしまった。

前項の記事は
頂いたコメントから判断すると
やはりこちらの写真をUPするつもりで記事も書くべきでした。

・実はスキャナーを変えてから
写真の色や密度が落ちているのではないかと気になっています。
僕はパソコン関係に関しては音痴なので本当に申し訳ありません。
自分のノート型のパソコンでもクオリティが落ちていると感じるので
それなりのパソコンの画面では、
以前より汚くなっているのではないかと思います。
今回の写真は古いエプソンのスキャナーで取り込んでいた写真。
このつたないブログに寄って下さる方には、
小さくしていて良い絵ではないと、これまで申し訳なく思っていました。
そして、前項のローマと前々項のプラハは
新しく買ったキャノンの安いプリンターについているスキャナーで
元々サイズを落として取り込んだ写真です。
やはり古いエプソンで取り込んで、サイズを小さくした方が良いような感じがしています。
エプソンの旧型(勿論、安物です)は
モノクロームの色はいいのですが、
一枚一枚に凄く時間がかかるのです。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2010-02-17 03:12 | Summilux 35F1.4 | Comments(4)
2009年 09月 11日

ゲバラの少女     Hamburg

Leica M4
Elmar 50F3.5

愛犬と一緒に優しい笑顔の少女。
チェ・ゲバラのプリントの入ったTシャツが似合っていた。

b0160190_3204244.jpg


世間ではLeica M9が話題になっている。
僕には無縁のようだ。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-09-11 03:33 | Elmar 50F3.5(Red-S) | Comments(8)
2009年 08月 19日

Cinquecento     Napoli

Leica M4
Summilux 35F1.4

やはりチンクェチェントはこうでなくっちゃ!
ナポリのおばさんは、くわえ煙草でハンドル回し、
後ろの席は買い物袋で溢れていた。
 続・ナポリのチンクでした。

b0160190_2391913.jpg


先日、故郷から帰京するとき
新名神高速を走った。
名古屋あたりのパーキングで丁寧にチンクを調整している
一人旅のドライバーがいた。ナンバーは八戸。
なんかとても良いものを見た感じだった。
途中、浜名湖あたりで追い越した。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-08-19 02:40 | Summilux 35F1.4 | Comments(10)
2009年 05月 14日

嵐の中で    Napoli

Leica M4
Summilux 35F1.4

波をかぶっていたふたり。
最高のシャッターチャンスは逃してしまった。
この日の海岸線は本当に悲惨だった。
これも旅のワンシーン。
b0160190_14388.jpg

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-05-14 00:43 | Summilux 35F1.4 | Comments(10)