blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ

タグ:写真展 ( 2 ) タグの人気記事


2017年 01月 23日

コニカミノルタ有難う Warsaw

M4 Elmarit 28F2.8

b0160190_11282.jpg


コニカミノルタプラザが無くなりました。
いいギャラリーだっただけに、本当に残念です。
私の旧東欧の写真展はコニカプラザで
ちょうど15年前の2002年1月25日からでした。
その時のハガキに使ったワルシャワの写真です。
これまで様々な写真展を見に行き
たくさんの刺激をもらい、勉強させて頂きました。
コニカミノルタ、そしてギャラリー関係者の方々に、
「有難うございました」と言いたです。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2017-01-23 23:39 | Elmarit 28F2.8 | Comments(6)
2014年 01月 26日

スローな時間    Strasbourg

M4   Summilux 35F1.4

b0160190_16194554.jpg

『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ -写真であそぶ-』
最終日を前に観に行ってきた。

企画もいい視点だと思ったが
写真は二人ともさすがに素晴らしかった。
どちらも広がりがあり、
一枚一枚の写真からは
言葉にできない安定感、
ずっしりした重心を感じる。
なんといっても背景を考えての人物写真の構図が素晴らしい。
狭い範囲でしか切り取れない写真家とは
明らかに一線を画したものだ。
そのあたりは凡人とは一味違うセンスがある。
ラルティーグは当時のカメラ、フィルムでの写真なのだから
このデジ時代だったら、
どれほどのスピード感のある写真を見せてくれたのか。

単純そのものだが
僕はラルティーグと誕生日が同じなので大ファンなのだ。

そして、植田正治さんは
「ライカだね」と僕の下げているM4をご覧になって声をかけてくれた。
「僕もM4を使っていたんだ。4分の1秒までは何とかぶれずに撮れるね」
と、優しい笑顔でお話になっていたのが今も印象に残っている。

それでと言ってはおかしいが
フランスのアルザス地方で撮影した
スローシャッターの写真をUPしてみた。
フィルムでは息を止めて心臓に悪いこうした写真も
今ではデジで簡単にもっと明るく撮れるようになった。
かつては、ライカを使いこなせないと
切り取れなかった瞬間だと思っている。
プリントは今回の写真展でも
植田さんの写真を何枚か焼いていると思われる金子典子さんだ。
ガラスケースにプリントと一緒に置いてあった写真集は
金子さんがプリントしたと記憶している。
そのケースに収められたカットの素晴らしいこと。

東京都写真美術館まで自宅からぶらぶら散歩していったが
迂闊にもM9にElmarit 28F2.8で出掛けてしまった。
植田さんにお会いしたときに持っていたM4で行くべきだった。
M9を買ってちょうど2年が過ぎた。
それで鞄の中のM4と入れ替えての散歩だった。
これまでM9に28mmをつけての外出はほとんど記憶にない。


これは余談なのだが
最近はACミランの本田圭佑選手も誕生日が一緒なので応援しています。
ワールドカップイヤーの今年、世界のトップで本当に頑張ってほしい。
あまり出かけてないが、ここの所、旅はフランスばかり、
次の旅行はミラノに行こうと思っています。
[PR]

by leitica | 2014-01-26 01:20 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)