2011年 01月 28日

28mm     Siena

Leica M4
Elmarit 28F2.8

僕は海外に旅に出るときには
大抵28㎜、35㎜、50㎜を持って行く。
そしてよく使うのが28㎜F2.8だ。

b0160190_453186.jpg


昨年末、マルセイユーパリを旅した。
その旅の2日目にいきなり
愛用していた28㎜の外付けファインダーが壊れてしまった。
接眼部分のガラスが外れてしまったのだ。
「こんな事が有るのだろうか…」
丸いフォルムのフォクトレンダー
28mm View Finder M
気に入って使っていただけに
いささか唖然としてしまった。

今回の旅にはいつも持って行く4世代目の
Elmarit 28F2.8ではなく
第2世代の初期玉を持って出た。
当初は第1世代を持って行こうと思ったが
私の玉はあまりにも癖が強く
ここぞという撮影では使い物にならない気がするため
一つ後のモデルを選択したのだ。
初めて海外に持って行くレンズでの撮影を
楽しみにしていただけに、
ファインダーのトラブルには参ってしまった。

旅の途中、M6にしておけば良かった
などとくよくよしつつ
パリに行ったらLeicaショップに行ってファインダーを買おうと
旅を続けた。

ファインダーは
フォクトレンダーに持って行けば直してくれるのだろうか?


《追伸》
今、中野のギャラリー冬青で
北井一夫さんの写真展「西班牙の夜」
が催されている。

スペインの街角の写真だが
いくつかは北井さんが
その光景を撮りたくなった気持ちが伝わってくる写真だと思った。
冬青社の高橋国博さんによれば
「北井さんが“村へ”を撮り終えたすぐ後のスペイン」
なのだそうだ。
僕の一番好きな頃の北井さんの写真と言っては
北井さんに叱られるだろうか?
たぶん、愛用の28㎜も使っていらっしゃるのだろう。
コダクロームで撮られた北井さんの珍しいカラー写真。
色について細かいこと言う人はダメかもしれないが
僕は冬青社に行って良かった、
いい時間を過ごすことが出来たと思っている。

飾られている写真はリバーサルからのプリントで
今のデジタルプリントの派手な発色とは明らかに違う柔らかさがある。
コダクロームらしい深みのある味わいが、
人間味という温かさを滲ませていた。

・もし時間があればお奨めの写真展です。
写真集と飾っている写真を見比べると、
なお楽しいと思います。

1月29日(土曜日)までです。
1月29日には北井さんご自身が在廊されるそうです。

冬青社
http://www.tosei-sha.jp/index_j.html

©All rights reserved.
[PR]

# by leitica | 2011-01-28 04:36 | Elmarit 28F2.8 | Comments(12)
2010年 12月 19日

la Saône           Lyon

Leica M4
Summicron 50F2
b0160190_3324453.jpg


リヨンはなんとなく魅力的な町だった。
とてもとは言えないが、
居心地は良かった。
家人のほうはもう一度訪れたいと言っている。
多分、美味しい料理とワインに惹かれたのだと思う。

ソーヌ川はこのすぐ下流で、
大河、ローヌ川と合流する。
地中海に注ぐこの流れの終わりも近くなった古い町、
アヴィニョンに惹かれる。
息子がよく歌っていた
「アヴィニョンの橋の上で」で知られる
サン・ベネゼ橋を
見に行きたいと思うのだ。

《お知らせ》
3項前の「長い階段 Lyon」
写真新しくしています。

©All rights reserved.
[PR]

# by leitica | 2010-12-19 03:41 | Summicron50F2 | Comments(12)
2010年 11月 26日

冬に向かって    Firenze 

Leica M4
Elmarit 28F2,8
b0160190_3244386.jpg

冬の旅が好きだ。
僕の好きなレンズに合っている気がする。

©All rights reserved.
[PR]

# by leitica | 2010-11-26 03:25 | Elmarit 28F2.8 | Comments(4)
2010年 11月 19日

雨の日に     Paris

b0160190_3361219.jpg
Leica M6
Summilux 35F1.4

傘をさして
モンパルナスからカルチェ・ラタンまで凍えつつ散歩。
古い教会の表通りで
写真ギャラリーに出会った。
一階は写真集の書店で地下にギャラリーがある。
店頭に並んだ写真集の充実振りは流石に左岸だった。
日本の写真集のセレクトも良かったように記憶している。

次にパリに行ったら再度訪ねてみたいと思っている場所だ。
趣味に合ったこうしたギャラリーとの出会いは、旅の喜びのひとつ。
年の瀬の冷たい雨の中ならなおさらだ。


今、カメラマンの蜂谷秀人さんが
銀座のキヤノンギャラリーで
蜂谷氏が20年に渡り撮り続けているツール・ド・フランスの
写真展を開催しています。
「ツール・ド・フランス~二つの世紀をまたぐ~」

物静かで優しい蜂谷氏ですが
20年に渡る取材は本当に凄い。
そして、好きで撮り続けている写真には
蓄積された魅力があるとおもいます。
時間が有りましたらお出かけ下さい。

●東京・銀座 11月18日~24日
●宮城・仙台 12月24日~2011年1月11日
●大阪・梅田 2011年1月20~26日

©All rights reserved.
[PR]

# by leitica | 2010-11-19 03:41 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2010年 11月 06日

長い階段     Lyon

Leica M4
Summilux 35F1.4
b0160190_1551767.jpg


《お知らせ》2011年1月11日
階段の写真、別カットに入れ替えました。
これまで使っていたカットは
タグ、フランスの「夜 旧市街 Lyon」でご覧になれます。


この階段は魅力的だった。
今でも鮮明に記憶に残っている。

Leicaを持っていて良かった
と思うのはこういう時かも知れない。

©All rights reserved.
[PR]

# by leitica | 2010-11-06 04:08 | Summilux 35F1.4 | Comments(15)