「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Summilux 35F1.4( 42 )


2016年 09月 08日

一瞬の出会い   Český Krumlov

M4   Summilux 35F1.4

一瞬の出会いを切り取るのがスナップ写真。
そのシーンのピークにシャッターを押せるかが
写真の生死を分ける。

b0160190_1294779.jpg

[PR]

by leitica | 2016-09-08 01:28 | Summilux 35F1.4 | Comments(14)
2016年 06月 04日

逆光    Paris

M4   Summilux 35F1.4

冬のヨーロッパは日暮れが早い。
午後になると、早い時間から西日がまばゆくなってくる。
写真には難しいが、冬の逆光は決まると印象的な一枚になる。

b0160190_1319459.jpg


テレビではフランス、ドイツの洪水を伝え
セーヌ川の水量も高くなって、
パリも心配されている。
これ以上、被害が出ないことを祈るばかりだ。

・この写真を今週末まで
祐天寺の「paper pool」に飾らせてもらっています。
"fav camera"グループ展【後期】
後期: 6月2日〜12日
各2週間ずつ(木・金・土・日)展示。
詳しくはfacebookやホームページでご確認ください。

変則の展示で
今週いっぱいですが
よろしくお願いいたします。
本日(6月4日・土曜日)は出展作家の会が2000時まで。
それ以降が通常営業です。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2016-06-04 13:17 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2016年 05月 26日

瞬時の判断   Lübeck

M4   Summilux 35F1.4

b0160190_3121385.jpg


絵になる被写体がやってくる
一瞬の判断で
ファインダー内のバランスを取れるように
気持ちを維持していること。
最近、それが出来ていない。
フィルム時代のマニュアルカメラで撮るには
この気持ちが大切な感じがします。

・この写真を大阪で開催される
熊本地震のチャリティーに出展しています。
『九州復興支援アートバザール<ANIMART−アニマート−>』
http://animart.webcrow.jp/
5月27日から6月8日まで
もしよかったら、お近くの方、
ギャラリーに行ってみてください。
僕のはいつも通りノントリミング、
8×10のイルフォードのバラ板です。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2016-05-26 03:16 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2015年 11月 15日

Pray For Paris     Paris

M4   Summilux 35F1.4

人種と年齢関係なく
集まった人たちがサッカーを始める。
パリの素晴らしい光景。

11月13日のテロで
犠牲となった方たちのご冥福をお祈りします。

b0160190_2353942.jpg




©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-11-15 02:36 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)
2015年 05月 31日

セーヌのほとり   Paris

M4  Summilux 35F1.4

クリスマスの夕暮れ
急ぎ足のムッシュ

b0160190_22472425.jpg



©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-05-31 22:33 | Summilux 35F1.4 | Comments(10)
2015年 05月 27日

クリスマスの夜   Paris

M4  Summilux 35F1.4

Paris、クリスマスの夜。
男ひとりの風景

b0160190_0242341.jpg

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2015-05-27 00:26 | Summilux 35F1.4 | Comments(4)
2014年 01月 26日

スローな時間    Strasbourg

M4   Summilux 35F1.4

b0160190_16194554.jpg

『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ -写真であそぶ-』
最終日を前に観に行ってきた。

企画もいい視点だと思ったが
写真は二人ともさすがに素晴らしかった。
どちらも広がりがあり、
一枚一枚の写真からは
言葉にできない安定感、
ずっしりした重心を感じる。
なんといっても背景を考えての人物写真の構図が素晴らしい。
狭い範囲でしか切り取れない写真家とは
明らかに一線を画したものだ。
そのあたりは凡人とは一味違うセンスがある。
ラルティーグは当時のカメラ、フィルムでの写真なのだから
このデジ時代だったら、
どれほどのスピード感のある写真を見せてくれたのか。

単純そのものだが
僕はラルティーグと誕生日が同じなので大ファンなのだ。

そして、植田正治さんは
「ライカだね」と僕の下げているM4をご覧になって声をかけてくれた。
「僕もM4を使っていたんだ。4分の1秒までは何とかぶれずに撮れるね」
と、優しい笑顔でお話になっていたのが今も印象に残っている。

それでと言ってはおかしいが
フランスのアルザス地方で撮影した
スローシャッターの写真をUPしてみた。
フィルムでは息を止めて心臓に悪いこうした写真も
今ではデジで簡単にもっと明るく撮れるようになった。
かつては、ライカを使いこなせないと
切り取れなかった瞬間だと思っている。
プリントは今回の写真展でも
植田さんの写真を何枚か焼いていると思われる金子典子さんだ。
ガラスケースにプリントと一緒に置いてあった写真集は
金子さんがプリントしたと記憶している。
そのケースに収められたカットの素晴らしいこと。

東京都写真美術館まで自宅からぶらぶら散歩していったが
迂闊にもM9にElmarit 28F2.8で出掛けてしまった。
植田さんにお会いしたときに持っていたM4で行くべきだった。
M9を買ってちょうど2年が過ぎた。
それで鞄の中のM4と入れ替えての散歩だった。
これまでM9に28mmをつけての外出はほとんど記憶にない。


これは余談なのだが
最近はACミランの本田圭佑選手も誕生日が一緒なので応援しています。
ワールドカップイヤーの今年、世界のトップで本当に頑張ってほしい。
あまり出かけてないが、ここの所、旅はフランスばかり、
次の旅行はミラノに行こうと思っています。
[PR]

by leitica | 2014-01-26 01:20 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2014年 01月 15日

浮かんだストーリー  Marseille

M4  Summilux 35F1.4
b0160190_39471.jpg

波しぶきの立ち上る冬の港
中年の男が両手をコートに突っ込み
風に逆らって歩いて行った。
あさ黒い丸顔、深い皺、黒い瞳
古いLeicaを手にする東洋人を一瞥して
早い足取りだった。

そして暫くすると
再び同じ足取りで戻ってきた。
港の先のほうには、同じような黒い男が車で来ていた。
会話があったかどうかはわからない。

まるで、影のある荒くれ男が主役の
古いフランス映画のワンシーンではないか・・・
さすが
マルセイユ。



・久しぶりのUPで申し訳ありません。

昨年末、賀状を作るために約1年ぶりに
スキャナーを使いました。
なんと修理に出して1年間、預かってもらっていたのです。
私が使っている某社のプリンターは
なぜか頻繁に故障するのです。
修理に出すときに安いのを買って帰ったのですが
その安いのも、先日ストップしました。
ああ、またか・・・という感じです。

賀状を出した後、
パリに行きましたが
アラン・ドロンの若いころの写真を使ったポスターが
貼ってありました。
若くて、悪そうな匂いのするアラン・ドロンでした。
でもこの写真の男のイメージはアラン・ドロンではありません。
思い出したのはジャン・ギャバンでした。
[PR]

by leitica | 2014-01-15 03:35 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
2012年 12月 21日

聖なる光      Köln

Leica M6
Summilux 35F1.4

ケルン大聖堂から下りているとき
息を切らしながら階段を上ってきた少女とすれ違った
思わず振り返りシャッターを切った。

b0160190_4195686.jpg


明かり取り窓からの光を受けた
美しい瞬間に出会えた。


年末は二年ぶりのヨーロッパ。
M4にSummilux 35F1.4で
行こうと思っています。

皆さん良い年をお迎えください。
[PR]

by leitica | 2012-12-21 04:23 | Summilux 35F1.4 | Comments(16)
2011年 12月 16日

Leicaの聖地で  Wetzlar     

b0160190_5249100.jpg

M4 Summilux 35F1.4

Leicaの聖地といえばウェッツラー。
こじんまりとしたとてもいい街で
カメラを提げた旅人にやさしい街だった。

今東京では、“子ども”の笑顔を撮るのも難しい。

10年くらい前までは全くそんなことはなかったのだが・・・
そういえば僕もここ数年子どもたちを撮る気がしなくなっている。
もちろんその気になれば笑顔は簡単に撮れるとは思う。
今でも子どもたちの心はピュアだからだ。

学校の保護者会に行って話を伺っていて感じた事があった。
児童が知らない人に、たとえば学校の場所など尋ねられ
道案内などしてはいけないのだそうだ。
道案内をして学校まで連れて行った児童がいたと先生から聞くと
「やさしいわね」と数人のお母さん達が苦笑していた。
確かに今では危険な行為なのだろう。
僕もそう思うのだ。

しかし、僕が“子供”のころなら、
親切にしたねと両親から褒められたに違いない。
今ではそうではない。
学校でのやり取りを聞いていて何だか寂しく感じた。
海外の町でも
こんな状況になりつつあるのだろうか。

昨夜、銀座のライカギャラリーで行われている
ハービー・山口さんの写真展のオープニングパーティに行った。
久しぶりに写真関係のなじみの方にたくさんお会いした。
なんか、僕も写真を撮ったり
ブログに写真をアップしたりしなくてはと少し元気を頂いた。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2011-12-16 05:39 | Summilux 35F1.4 | Comments(8)