「ほっ」と。キャンペーン
2014年 01月 26日

スローな時間    Strasbourg

M4   Summilux 35F1.4

b0160190_16194554.jpg

『植田正治とジャック・アンリ・ラルティーグ -写真であそぶ-』
最終日を前に観に行ってきた。

企画もいい視点だと思ったが
写真は二人ともさすがに素晴らしかった。
どちらも広がりがあり、
一枚一枚の写真からは
言葉にできない安定感、
ずっしりした重心を感じる。
なんといっても背景を考えての人物写真の構図が素晴らしい。
狭い範囲でしか切り取れない写真家とは
明らかに一線を画したものだ。
そのあたりは凡人とは一味違うセンスがある。
ラルティーグは当時のカメラ、フィルムでの写真なのだから
このデジ時代だったら、
どれほどのスピード感のある写真を見せてくれたのか。

単純そのものだが
僕はラルティーグと誕生日が同じなので大ファンなのだ。

そして、植田正治さんは
「ライカだね」と僕の下げているM4をご覧になって声をかけてくれた。
「僕もM4を使っていたんだ。4分の1秒までは何とかぶれずに撮れるね」
と、優しい笑顔でお話になっていたのが今も印象に残っている。

それでと言ってはおかしいが
フランスのアルザス地方で撮影した
スローシャッターの写真をUPしてみた。
フィルムでは息を止めて心臓に悪いこうした写真も
今ではデジで簡単にもっと明るく撮れるようになった。
かつては、ライカを使いこなせないと
切り取れなかった瞬間だと思っている。
プリントは今回の写真展でも
植田さんの写真を何枚か焼いていると思われる金子典子さんだ。
ガラスケースにプリントと一緒に置いてあった写真集は
金子さんがプリントしたと記憶している。
そのケースに収められたカットの素晴らしいこと。

東京都写真美術館まで自宅からぶらぶら散歩していったが
迂闊にもM9にElmarit 28F2.8で出掛けてしまった。
植田さんにお会いしたときに持っていたM4で行くべきだった。
M9を買ってちょうど2年が過ぎた。
それで鞄の中のM4と入れ替えての散歩だった。
これまでM9に28mmをつけての外出はほとんど記憶にない。


これは余談なのだが
最近はACミランの本田圭佑選手も誕生日が一緒なので応援しています。
ワールドカップイヤーの今年、世界のトップで本当に頑張ってほしい。
あまり出かけてないが、ここの所、旅はフランスばかり、
次の旅行はミラノに行こうと思っています。
[PR]

by leitica | 2014-01-26 01:20 | Summilux 35F1.4 | Comments(6)
Commented by H.O at 2014-01-26 03:57 x
とても安定感を感じます。芯があると申し上げたらよいでしょうか、いつもながら素敵です。
最近のデジタルカメラは、賢くなった分色々なシチュエーションにも即座に対応でき素晴らしい作品が生まれる可能性が広まりましたけど、お話のように限られた条件下・スローシャッターで撮った写真だからこそ生まれる雰囲気が僕は好きです。
特にこの一枚のように動きのあるものなどは格別です。
デジタルの批判ではありません。大変失礼致しました。

イタリア、いつか行ってみたいです。
Commented by kentilford at 2014-01-26 17:45
お久しぶりです。
いつも更新を楽しみにしていたのでうれしいです。
そして、いつもながら優しいトーンを持った写真でため息が出ます。
今後も更新楽しみにしています。
Commented by leitica at 2014-01-28 00:22
H.O さま
安定感を感じて頂き、ありがとうございます。
ラルティーグの何気ない日常写真、
カメラが古く周辺はいい加減な写りでも
そんなこと関係なく、柔らかくどっかりしていると感じます。
とうていかないません。
植田さんは言うまでもありませんね。
写真の楽しさを感じさせてくれる写真展でした。

フィルムのスローな写真の独特な味わい
僕も好きなんです。
それも手持ちのみが持つほんの少しのブレ具合。
これはデジタルには難しいのかもしれません。

でも、時代はデジタルです。
僕はまだまだで、
良い写真はなかなか撮れていませんが
普段はよく使うようになりました。

イタリア、是非行かれてみてください。
すごくフォトジェニックです。
Commented by leitica at 2014-01-28 00:24
kentilford さま
お久しぶりです。コメントありがとうございます。
優しさを感じて頂き、本当にうれしいです。
これからも、スローになると思いますが
更新しますので、たまーにこのページに来てください。
Commented by haru.haru-0101 at 2014-01-28 15:48
東京都写真美術館の展示、素敵でしたね。植田正治氏もラルテーグ氏も本当に写真を楽しんでいる感じが伝わってきて、見ていてワクワクしました。

スローシャッターの写真、素敵な雰囲気ですね。湿度というかほのかな温かみを感じました。これからもフィルムのスローな写真、楽しみにしています^^
Commented by leitica at 2014-01-29 02:11
haru.さま
本当に楽しい写真がたくさん並んでいました。
身近な人を撮る。写真の基本ですが
それに芸術性を持たせている。
そうしたところにも魅力がありました。
しかし、ラルティーグのお金持ちぶりには
毎度のことですが写真を見るたびに驚きます。
スローシャッターの写真、またUPさせて頂きます。


<< 国境の町    Bautzen      浮かんだストーリー  Mars... >>