blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ
2012年 12月 21日

聖なる光      Köln

Leica M6
Summilux 35F1.4

ケルン大聖堂から下りているとき
息を切らしながら階段を上ってきた少女とすれ違った
思わず振り返りシャッターを切った。

b0160190_4195686.jpg


明かり取り窓からの光を受けた
美しい瞬間に出会えた。


年末は二年ぶりのヨーロッパ。
M4にSummilux 35F1.4で
行こうと思っています。

皆さん良い年をお迎えください。
[PR]

by leitica | 2012-12-21 04:23 | Summilux 35F1.4 | Comments(16)
Commented by photo-net at 2012-12-21 12:43
とっさの写真なのに綺麗ですね~
流石です!
Commented by kuniko36 at 2012-12-21 14:54
いいですね、ヨーロッパ^^
気をつけておでかけを。そしてまた
美しい写真・・・楽しみにしています。
よいお年を!!
Commented by leitica at 2012-12-22 02:48
photo-net さま
コメントありがとうございます。
とっさの写真、ある意味まぐれです。
時々こういう写真が撮れるのです。
この写真は、窓からの光に助けられました。

ここで余分な話をさせてください。
15年くらい前に写真家の神立尚紀氏と散歩しているときに
神立氏は
「シャッターを押さないと何も写らない。どんな時でもとにかくシャッターを切らないといい写真は撮れないですよ」と、話していました。
その言葉を思い出しました。
フィルム時代の場合はなかなか難しいことですが
デジで感度の上がった今ではこの条件の写真も
楽に写せると思うと寂しくなりますね。
失敗しても簡単に消せるわけですし・・・
Commented by leitica at 2012-12-22 02:53
kuniko36 さま
元気ですか?
パリと北フランスの小さな町に行ってきます。
でも今回の旅行はゆっくり写真を撮れそうにありません。
それでもシャッターは切ってきますね。
1~2枚は良い写真を撮ってきたいです。

良い年をお迎えください。
Commented by H.O at 2012-12-22 18:21 x
更新されてとても嬉しいです。
難しい条件でも流石です。いい雰囲気の一枚ですね。
Commented by leitica at 2012-12-23 17:53
H.Oさま
いつも更新が遅く申し訳ありません。
それでも楽しみにしてくださっていて
とても嬉しいです。
このペースですが、これからもどうぞよろしくお願いします。
難しい条件下で使うleicaに魅力を感じていたのですが
今では、こうした条件は難しくないと思うと
やはり少し寂しいですね。
Commented by haru.haru-0101 at 2012-12-23 23:18
本当に素敵な一瞬を捉えた写真ですね。
使い慣れたカメラだから撮れた写真・・・ですよね。

年末のヨーロッパ、楽しんできて下さいね。
また素敵な写真のお土産を楽しみにしてます^^
Commented by sklife2007 at 2012-12-25 05:27
今はパリかなアルザスかななどと想像しながらコメント書いています。
この作品は以前某写真誌で拝見してすごく記憶に残っていました。
すごく素敵な作品ですね!

今回のヨーロッパでの作品も楽しみにしていますね。
Commented by leitica at 2013-01-05 03:05
haru.haru-0101 さま
コメントありがとうございます。
お返事遅くなり申し訳ありません。
昨年末の旅は使い慣れているカメラでも失敗の連続でした。
最近、M4を使っていないツケが回ってきたと思いました。
手になじませて、常にアイドリングを怠らずにしておかないと
これだ!という瞬間を逃してしまうもので
反省しきりの旅でした。

でも、いい写真がありましたらUPさせて頂きます。
Commented by leitica at 2013-01-05 03:09
sklife2007 さま
思いもよらず旅先で
あれほど近くのホテルに偶然滞在しているとは驚きました。
とても楽しい時間をありがとうございました。

今回の写真は、お気に入りの一枚で
僕の表現で言う、シングルカットのA面の写真です。
古いたとえですね(笑)
Commented by ben at 2013-01-23 00:19 x
この写真はうちのリビングに飾らせていただいてます。
とても好きな写真です。
その理由の一つが「まずはシャッターをきろう!」と時々僕に語りかけてくれる写真だからです。
まさに神立さんのエピソードのとおりだと思います。
ただ、デジで撮れるかもしれませんが、作品として残るのはフィルムだからとも思います。
もしかしたらデジの液晶画面では撮ってすぐ確認してああ失敗とその場で消去してしまったり、膨大なカットの中に埋もれてしまったりしてしまうかもしれないと思うからです。
経験と感で咄嗟にシャッターを切り、ネガやベタと対話して作品として出てきたのだと僕は思いたいです。
ホントこの写真は僕には大切な写真です!
有難うございます!
Commented by leitica at 2013-01-25 02:41
ben さま
リビングに飾ってくださり、ありがとうございます。
写真を撮るモチベーションの一つになっているとは
本当にうれしいです。
神立氏の話でもう一つエピソードがあります。
僕が自分のネガを見ている姿に
氏が「ベタを一生懸命名見ているから上手になるんですね」
と、まだロクな写真も残せていなかった僕に言ってくれた事が有ります。
ベタを見て良いカットを選ぶこと。本当に大切ですね。
僕は最近、ベタを見るのにいつも疲れ果てています。
もちろん目の衰えのせいです(笑)。
Commented at 2013-01-29 16:02 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leitica at 2013-01-31 03:50
鍵コメ様
わざわざ、ありがとなし。
楽しみにさせて頂きます。
Commented by swingphoto at 2013-02-24 17:53
お久しぶりです。
欧州の新しい写真、待ってます。
Commented by leitica at 2013-03-02 02:21
swingphoto さま
コメントありがとうございます。
更新が遅くて申し訳ありません。
新しい写真、何とかいたします。


<< 浮かんだストーリー  Mars...      ブダの王宮より     Bud... >>