blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 21日

白い足跡   Firenze   

Leica M4
Elmarit 28F2.8

夜中の雪が積もり
足跡のないアルノの白い川辺を
歩いて行った先で出会った風景。
静寂の橋の絵を撮ろうと思っていたのだが
僕が撮影ポイントにたどり着く直前に
突然生き生きした朝が始まった。
びしょ濡れの靴の事など
忘れてしまった。
b0160190_1545954.jpg

気持ちというのだろうか、
デジタルカメラを持って歩いても
なぜだか写真を撮る気になれない。

もし、デジを持って海外に旅行に出かけたら
僕のスイッチは切り替わってくれるのだろうか・・・

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2012-02-21 02:00 | Elmarit 28F2.8 | Comments(4)
Commented by H.O at 2012-03-01 18:16 x
今回の一枚もとても素敵ですね。^^
僕もいつかヨーロッパで写真を撮ってみたいです。
Commented by leitica at 2012-03-03 01:52
H.O さま
コメントありがとうございます。
そちらさまの北米の写真もとても素晴らしいと思います。
ヨーロッパ、きっといい写真が撮れると思います。
北米からだといろいろな都市にアクセスできると思いますので
一度、フィルムをバッグに詰め込んで
出かけられるのもいいと思います。
Commented by kuniko36 at 2012-03-29 12:48
子供の頃って、夜雪が降り始めたら、翌朝はものすごく
ワクワクしながらカーテンを明けてました。そして真っ白に
降り積もった雪を見て「わぁ♪」って大喜び。でも最近は
恐る恐るカーテンを明け、屋根の上にだけほんの少し
積もる雪を見て「ほっ・・」って(苦笑) いつからこんな風に
切り替わっちゃったのかなぁ・・。 スイッチ・・切り替わったのでしょうか? 私は先生の教えを念仏のように唱えながらシャッターを
押しています^^ 
Commented by leitica at 2012-04-06 23:44
kuniko36 さま
コメントのお返事遅くなり、申し訳ありませんでした。
子どもというのは、雪が降るとわくわくですよね。
この子たちも突然現れて大騒ぎでした。
写真、軽い気持ちでちょっと丁寧に
続けていればいいと思います。
僕も最近は雪を見ると恐怖にかられます(笑)


<< 北ドイツから  Sass...      漫画、シカゴシカゴ    De... >>