2012年 02月 11日

漫画、シカゴシカゴ    Dessau

Leica M4
Elmarit 28F2.8

b0160190_2254621.jpg


今更と思われる方も多いと思うのですが
僕は今、滝沢直樹さんの『MONSTER』を読んでいます。
もう何年も前に、
知人がドイツ好きの僕にと貸してくれたのですが、
僕はあまり漫画を読まないもので、
そのまま紙袋に入れたまま仕舞い込んでしまっていました。
それを、今月に入って読み始めたのです。
1,2巻目は大してわくわくもせず興味を持たなかったのですが
読み進むうちだんだん面白くなり、
今では先が楽しみな状態になっています。

さすがに、ヒット作は内容も有るなと感心しながらの読書?で
いろいろ学ぶところも多いと楽しみにしている時間。
正直なところ、
老眼になってなかなか進まなかった読書ですが、
老眼鏡に抵抗せず
これまで訪れた町や、これから訪ねたい街のことなども
考えながら画とセリフを追っています。

暫く旅から遠ざかっているのですが
こうした旅の楽しみも有るのかなと思います。

そういえば、写真家の石元泰博さんが亡くなられました。
僕がLeicaのブラックを欲しくなったのは
石本さんがM2のブラックをペイントが剥げてしまうまで
使っていらしたからです。
金の地肌はピカピカでした。
現役で使われていた証拠です。

それが亡くなられたほんの数日前、
自宅近くの古本屋さんで石本さんの
「シカゴシカゴ」のすごく状態のいいものに出会いました。
8万円台で売られていました。
その本屋の近くにお住まいだった東欧を撮っていた写真家さんの
所蔵していた『シカゴシカゴ』で
プラスの価値があるものだったのです。
僕はその本屋のスタッフの方に
「僕がLeicaの黒いのを使いたくなったのは、
石本さんがBlack Paintのleicaを使っていたからなんです」
などと、お話をして帰ったのです。

今の自分でなければ確実に購入していた
あの一冊は、もう売れてしまったかな。
あの日見せて頂いて良かった。
本当に中身のみならず
デザイン、印刷の申し分ない写真集でした。

もう一つの有名な写真集『桂離宮』は
自宅の本棚の上に積んであります。
脚立を持ってきて降ろさなければ…。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2012-02-11 02:33 | Elmarit 28F2.8 | Comments(6)
Commented by kentilford at 2012-02-15 20:11 x
お久しぶりです。
monserは私も妻もかなりはまりました。
やはり同じように友人から借りていたことすら忘れていたものをある日突然読みだして・・・。
「シカゴシカゴ」はリンクさせて頂いている方も話題にされていました。
機会があれば拝見したいと思っている作品です。
Commented by leitica at 2012-02-16 20:05
kentilford さま
この漫画読まれましたか。
読み進むうちにかなり重たくなりますね。
でも面白いと思います。また風景の描写も丁寧だと思います。
シカゴシカゴは本当に素晴らしい写真集で
一度、印刷のいいものをご覧になっていただきたいと思います。
Commented by Neoribates at 2012-02-16 23:25
おひさです.
浦沢さんのMonster,アメリカの映画会社が版権を買って,実写化されると2年近く前に聞きましたが,具体的な動きがないようですね.適切なキャストでやってくれると,面白いのになぁと期待してるんですが.
石元さんの桂離宮は,いくつかのバージョンの内,エール大学の出版局で出しているものを持っています.クロッピングされていたものの完全版などもあっておもしろいです.とにかくあの切り取り方のセンスと焼きがたまらなくよいですね.
Commented by leitica at 2012-02-17 20:41
Neoribates さま
コメントありがとうございます。
Monsterの映画ができれば見てみたいと思います。
石本さんの桂離宮は本当にいい写真集だと思います。
シカゴシカゴのスナップと桂離宮の的確な構図、
双方の力量はすごいと思います。
Commented by photo-net at 2012-04-02 17:22
はじめまして
美しい写真ですね!
見入ってしまいました!
またお邪魔させていただきたいため、
勝手ながらリンクさせていただきます。
(リンクNGであれば連絡いただけると幸いです)
よろしくお願い申し上げます。
Commented by leitica at 2012-04-06 23:49
photo-net さま
3つのコメントありがとうございます。
いろいろと感想をいただきうれしく思います。
それから
リンク、ありがとうございます。もちろん自由です。
これからよろしくお願いいたします。
コメントへのお返事、
申し訳ありませんが一つにさせて下さい。


<< 白い足跡   Firenze         Leicaの聖地で  Wetz... >>