blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 28日

車窓より      Dresden

Leica M6
Summar 50F2
b0160190_2531643.jpg


ベルリンからプラハに向かう特急列車の車窓。
霧の中に素敵な並木が現れた。

この時の旅はドレスデンまでだったが
その数年後、
この特急列車にドレスデンから乗車して
プラハに向かった。
年末に国境を越える国際列車は
独特の雰囲気が感じられる。
それに
ドレスデンープラハ間はとてもお勧めだ。
エルベ川沿いを走る車窓の景色が
何といっても素晴らしい。

©All rights reserved.
[PR]

by leitica | 2010-09-28 02:54 | Summar50F2 | Comments(4)
Commented by swingphoto at 2010-09-30 08:29
お久しぶりです。
東欧という言い方も段々遠のく気がします。
数年前にポーランドを訪れましたが、
ちょっと淋しい風景でした。
東ドイツやプラハは、行ってみたいところです。
Commented by leitica at 2010-09-30 11:35
swingphotoさま
もう20年も前のことですから
本当はもう現在では使わない方がいいの下も知れませんが
なんとなく旧東欧と使ってしまいます。
なんか、その響きが魅力的に思えるのです。
寂しい感じ、僕も感じました。
それは
旧東ドイツやチェコも同じです。
でもドレスデンやプラハなどは
急速に開発が進んでいるかもしれません。
それでもやはり、
旅人の僕にとって、旧東欧には
古いヨーロッパの雰囲気が残っているような気がするのです。
寂しい感じを味わうために旅するにはお勧めです。
Commented by sklife2007 at 2010-10-14 05:11
leiticaさん、こんばんは。お久しぶりです。
ドレスデンとプラハを結ぶエルベ川沿いの景色はきっと
変わっていないと思います。変わっているとすれは、
国境通過時に列車内を巡回していた国境警備員の姿
がなくなったことでしょうか...

このお写真をみて、冬のドレスデンへ列車で行ってみたくなりました。
Commented by leitica at 2010-10-15 01:32
sklife2007さま
プラハからドレスデンはとても寒い冬がいいと思います。
川面から上がるもやが美しいです。
僕ももう一度尋ねたいです。
最近のsklife2007さんの28mmの写真、
とても良いですね。
このまま撮り続けて下さい。


<< ドイツ再統一から20年    ...      写真展、有難うございました  ... >>