2009年 05月 30日

スペインのサッカー少年   Toledo

Leica M4
Elmarit 28F2.8

迷路の街・トレド
路地裏で凄い勢いでボールを蹴り合う少年の姿。
この子たちは世界に通用するプレイヤーの原石なのか。
b0160190_3574397.jpg

最近、サッカー観戦が面白くなってきた。
5月27日にローマで行われた
バルセロナとマンチェスター・ユナイテッドの
UEFA Champions League 決勝は素晴らしかった。
まだまだ、何も知らない状態だが
FCバルセロナのパス回しにはワクワクした。
シャビやイニエスタといったスーパースターは
こうした土壌から生まれてきたのだ。
試合を観たあと、この写真のことを思い出した。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-05-30 03:58 | Elmarit 28F2.8 | Comments(16)
Commented by larn at 2009-05-31 09:02
小さい頃の自分を見ている気持ちになりました。
私も5歳から18歳までサッカー少年でした。
いつも、ボールを蹴っていました。
でも、その頃はJリーグが出来るなんて夢にも思っていませんでした。
日本リーグの試合に観に行きなさいと、
チケットが部活で配られました。
そして、カズが帰国しました。懐かしいです。

メッシ、今、目が離せません!
Commented by scanmind at 2009-05-31 20:52
初めまして。
素敵な写真ばかりですね。
モノクロの温かい写真、私のイメージするLeicaそのものです。
リンク頂いて行きます。これからも遊びに来ますのでよろしくお願いします。
Commented by liverbird at 2009-05-31 23:50
昨日今日とお世話になりました!
いつものことですが、本当に楽しく過ごさせて頂きました。
渋谷で飲んだのは学生時代以来ですが、あのロックバーは良かったですね。
また次回上京の折は遊んで下さい!

今回のCL決勝は良い試合でしたが、やはり僕の場合Redsが絡んでないと燃え切れないものがあります。
シャビやイニエスタも確かにいいですが、来シーズンはジェラード&トーレスですよ!
それにリバプールのシャビもめちゃくちゃいい選手です!

今度はライカ話と一緒に、サッカー談義で盛り上がりましょう!
Commented by Leitica at 2009-06-01 01:38
larnさま
サッカー少年でしたか。いいですね。
僕も最近サッカーが面白いと思うようになりました。
次回ヨーロッパに行ったときには観戦に行きたいと思っています。
行けるかなぁ。
Commented by Leitica at 2009-06-01 01:41
scanmindさま
コメント有難うございます。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
更新は少ないのですがお越し頂けると嬉しいです。
Commented by Leitica at 2009-06-01 01:42
liverbirdさま
本当に今回はお付き合いくださいまして有難うございました。
また渋谷の裏通りに行きましょうか。
サッカーの話も教えて下さい。
Commented by mariachiara at 2009-06-01 04:29
トレドには学生時代の卒業旅行で訪れ
中世に迷い込んでしまったようなこの街に圧倒されて帰ってきました。
こんな細い路地裏でも、ボールを追っかける少年がいますね。
イタリアもサッカー王国、男の子たちはセリエAの選手たちを夢見て
ボールを追っかけています8
Commented by ramble-leica at 2009-06-01 07:52
おはようございます。しばらくご無沙汰でした。
トレドなつかしい・・・
あの狭い路地でサッカー。目に浮かんできmす。
Commented by o_okini at 2009-06-01 10:45
少年の帰り着く家のありようまで思いを巡らせてしまいました^^
いつものように
余韻をいただいて帰ります..
Commented by Leitica at 2009-06-02 01:44
mariachiaraさま
本当にイタリアっ子はサッカー大好きですよね。
僕は初めてのローマで坂道でサッカーをしている
6-7歳の少年達にビックリしたことがあります。
そのときのネガがあると思うのですが・・・。
セリエAも終わってしまいましたね。
今年は名選手の引退が多かったと
日本のニュースでも取上げていました。
Commented by Leitica at 2009-06-02 01:46
ramble-leicaさま
お久しぶりです。
トレド、良い街ですね。
今も路地の美しさが心に残っています。
Commented by Leitica at 2009-06-02 01:48
o_okiniさま
この写真に余韻を感じていただいて有難うございます。
この子たちの家にも
料理上手なイタリアのマンマとおっとりしたサッカー好きのパパが
笑顔でいるのでしょうか?
Commented by noato_b at 2009-06-07 17:50
環境が人を育てるって本当なんですね。
Commented by Leitica at 2009-06-08 11:54
noato_bさま
そればかりではないと言いたいのですが、
有るといえるケースも多いと思います。
Commented by kiha58_1523 at 2010-06-01 20:22 x
こちらにコメントさせて頂くのは、初めてになるかと思います。

深夜に放映されるトップリーグの試合を、時々観る程度なのですが、
ヨーロッパのサッカーは、人も、ボールも (そしてテレビカメラまでも)
その動きに無駄がなく、あらゆる局面で「意図」のようなものを感じます。
この点で、日本のサッカーなどとは、全く別の競技にすら思えてしまいます。

来たる南アのワールドカップ・・・おとなり韓国などは、
ひょっとすると、16強くらいには食い込むかもしれませんが
「美しさ」という観点で、アジアのサッカーがヨーロッパに追い付くのは
相当先のことになるような気がします。

leitica さんの28mmの作品を、小生のGRD2スナップに活かせまいかと、
時折こちらにも伺っているのですが、さっぱり上手くゆきません。
サッカーも、写真も、容易に真似はできないということでしょうね。
Commented by leitica at 2010-06-03 00:31
kiha58_1523 さま
コメント有難うございます。
kiha58さんの写真はかなり完成されつつあると思います。
私の個人的な考えですが
28mmのスナップで人物を入れてというのは
すこしの経験と勇気(ずうずうしさ?)がいるかもしれません。
ただ、デジカメの場合、このスナップに使用したマニュアルカメラと違い
カメラの扱いに慣れる必要がほとんどないという
手軽さは有ると思います。
しかし、コンデジではまだLeicaのように撮りたい!と
思っている目の前の瞬間を
絵にすることは少し難しいかもしれません。
オーバーな表現かもしれませんが
Leicaはある程度の研鑽を積むことで、一枚だけですが
その瞬間を切り取れるという良さがあります。
それでもデジタルの一眼レフの連射には太刀打ちできませんが・・・
また、使われているレンズの特性などで
少し写りの感じが違っているかもしれません。
GR28mmのレンズは左右がやや大きく引っ張られますので、
そのあたりは気になるところです(我が家の家族写真はGR1Vです)。
しかし、凄く味わいのある雰囲気は出してくれると思います。

サッカー僕も海外の試合を見るのが好きです。


<< エッフェル塔     Paris      嵐の中で    Napoli >>