blue in green

leitica.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 03日

嵐の合間に     Napoli

Leica M4
Summilux 35F1.4

滞在中ずっと荒れ模様。
窓ガラスが唸り続ける居心地の悪い部屋に篭りきりだった。
テレビではナポリの暴風と雨が繰り返しニュースで報じられていた。

b0160190_2259125.jpg

それでも少しの間だったが、
白い日差しが町を輝かせた。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-05-03 23:01 | Summilux 35F1.4 | Comments(12)
Commented by Elmax at 2009-05-04 16:41 x
ナポリの下町の散歩は庶民の生活観が分かって楽しいのですが、
カメラを持って撮影となるとチョッと気後れがするムードがあります
ね。ナポリのおばさんは、日本のおばさんより数段強いかもね。
Commented by Leitica at 2009-05-04 16:54
Elmaxさま
けっこう危ない雰囲気はありますが、
気の良い人も多かったように思います。
僕もすこし気後れはしていましたが
路地の散策は最高に楽しかったです。
Commented by hide at 2009-05-07 10:40 x
美しい街並みですね。この写真、もっと大きいサイズで見てみたいです。
このサイトを訪問すると、いつも旅に出たいという衝動に駆られます。
それにしてもナポリ下町の路地散策!何とも魅力的です。
Commented by tabirin2000 at 2009-05-07 18:09
旅先でそんな悪天候に見舞われたことはありませんが
後になればそれも思い出ですね。
今回のアルザスへの旅、私は天候ではなく花粉症にやられました^^;
どこにいってもすばらしい開花で。2人と1匹(まで)くしゃみの
連続でした^^;
Leiticaさんのところにきて、この夏はイタリアに行ってみたいなあ...
という気持ちが強くなってます^^。。。
Commented by mariachiara at 2009-05-08 04:43
Leiticaさん、こんばんは。
こんなに厚い雲のかかったベスビオ山は
初めて見ました。
昨日の夕方の雨がちょうどそんな感じ。
窓ガラスに叩きつけるように降っていたのが30分くらい。
猥雑としたナポリにまた行ってみたくなりました。
Commented by Leitica at 2009-05-08 12:40
hide さま
ナポリの路地はいいですよ。お休みの際にはぜひ旅に出て下さい。
そちらからの方が近いと思います。乗換えが大変なのでしょうか?
Commented by Leitica at 2009-05-08 12:43
tabirin2000さま
家族揃っての花粉症は辛かったですね。
悪天候も写真に残すといいものもあるのですが、
この時のナポリはなかなか大変でした。
夏のイタリアは行ったことは在りませんが、
凄くよさそうですね。でもシーズン真っ盛りですよ・笑。
Commented by Leitica at 2009-05-08 12:55
mariachiaraさま
コメント有難うございます。Modenaには行ったことは在りませんが
いつかは行ってみたい町のひとつです。
そちらも雨でしたか、東京も5日から今朝までずっと雨模様でした。
ナポリ、あの路地と高台にもう一度行ってみたくなります。
Commented by o_okini at 2009-05-12 08:50
おはようございます
Leticaさんの写真は、同じ写真ですのに、見る度に印象が変わります
そういう訳でコメントがとても難しいのです(単に語彙不足な?^^)
いつも楽しみに拝見させていただいております


Commented by Leitica at 2009-05-13 00:50
このブログには“コメントを書きにくい”とは
じつは何回か言われたことがあります。
こちらに寄って頂けるだけで有り難いです。
特に、o_okiniさまのように
何度も写真を見て下さるというのは、
僕の望んでいる形なのです。
とても嬉しいコメントです。
Commented by masumi at 2009-05-13 17:56 x
初コメントです。
私も毎回楽しみに拝見してます。
確かにコメントは書きにくく、いつも見逃げ?(笑)です。
でも、その背景や(人物の時など)いろんなことを
想像して、心の中に風景が広がりとても楽しいです。
これからも、「見逃げ」ごめんなさい(笑)
Commented by Leitica at 2009-05-14 00:35
masumi さま
毎回有難うございます。
身逃げでも十分いいのです。
これからも思う存分、見るだけでよって下さい。


<< 嵐の中で    Napoli      Peace     Luthe... >>