2009年 04月 25日

Peace     Lutherstadt Wittenberg

Leica M4
Elmarit 28F2.8

夕暮れの教会裏
楽しそうな少女達の声が響いていた。
幸せと平和を実感した。

b0160190_1413961.jpg


マルティン・ルターはヴィッテンベルク大学教授だった。
1517年、宗教改革の震源地となった町。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-04-25 01:50 | Elmarit 28F2.8 | Comments(16)
Commented at 2009-04-25 06:42
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by o_okini at 2009-04-25 07:47
”幸せと平和”
ほんとにそうですね..
石畳に響く少女たちの笑い声が聞こえてきます
なにげない日常の美しい瞬間ですね♪
Commented by larn at 2009-04-25 09:02
こちらの写真好きです。
とても穏やかで、優しい時間が流れていますね。
奥の女の子の表情(はっきりとは見えませんが、)が
とてもいいですね。

海外に行く時は歴史を抑えて行く必要がありますね。
その知識が、その場において、深みを与えてくれるのではないでしょうか。
Commented by Leitica at 2009-04-26 00:05
鍵コメさま
確かにピュアな感じがします。
でも急激に大人のピュアさは失われつつあるかも知れません。
あちらは・・・
そうなのです。
よく見抜かれましたね・笑。いつでもお待ちしています。
Commented by Leitica at 2009-04-26 00:08
o_okiniさま
夕暮れの子どもたち。よく通る遊び声。
僕の小さい頃は当たり前だったものが、今は見られません。
あの時間は独特な時間、空間ですよね。
永遠の思い出です。
Commented by Leitica at 2009-04-26 00:10
larnさま
コメント有難うございます。
あまり勉強しすぎてもつまらないし
写真を撮ることが楽しみなので
ちょっとだけ知っているのがいいのかなぁ、
なんて思っています。
Commented by Elmax at 2009-04-26 10:13 x
イシダタミの舗装が夜間雨にぬれているシーンが大好きなのですが、日本ではなかなかお目にかかれません。ルターの宗教改革は近代の基督教の定礎となり、形骸化した宗教観の一部を柔軟化させてくれました。
Commented by sklife2007 at 2009-04-26 21:19
こんにちは。
先日は私のBlogまでおいで頂きありがとうございました。

Leiticaさんのお写真はプラハに住んでいる私にとって
とても身近な感覚で拝見させて頂いています。
1人はカメラ目線...
もう1人は少々照れ気味なのかな?
いつも絶妙な人物の入れ方...
すごく大切なのだと改めて思わずにはいられませんでした。

これからもよろしくお願いします。
また、リンク頂いて行きますね。
Commented by handachin at 2009-04-26 22:03
素敵なお写心ですね^^
子供が楽しそうに遊ぶ姿は平和な気持ちにさせてくれます^^
教会裏の石畳の道路と街灯...どれも憧れてしましますが
彼女たちにとっては生まれ育った環境なんですもんね^^
Commented by uiti6 at 2009-04-26 22:56
自然と口元が緩み、心が温かくなります。
本当に素敵なお写真だと思います。
Commented by Leitica at 2009-04-26 23:47
Elmaxさま
雨の石畳、夜露の石畳は僕も大好きです。
今度、写真があるかどうか探して見ます。
最近は余り撮りませんが、15年前くらいなら有ると思います。
名前に冠されているほど、
流石にルターの功績は大きいと感じました。
Commented by Leitica at 2009-04-26 23:49
sklife2007さま
プラハは僕の大好きな町。
かつてに比べ、とても賑やかになってしまいました。
それでも、魅力的な町ということには変わり在りませんでした。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by Leitica at 2009-04-26 23:52
handachinさま
どんなに美しい街でも
そこに生まれ、暮している人には日常なんですよね。
そこに憧れるのかもしれません。
この町の裏通りの静けさには安らぎがありました。
Commented by Leitica at 2009-04-27 00:06
uiti6さま
心が温かくなってくださると、こちらの心も温かくなります。
uiti6さんのプラハ、いいですね。
Commented by 河童 at 2009-04-28 02:32 x
古い教会の裏から聞こえてくる少女たちの天使のような声

写真の向こう側に 人間という生き物の 深く哀しい性を
見てしまうのは 僕だけなのでしょうか?

QUA!
Commented by Leitica at 2009-04-30 23:17
河童さま
なるほど、深いですね。
子ども達のピュアな心がいつまでもと願いたいです。


<< 嵐の合間に     Napoli      通学列車     Siena >>