2009年 04月 01日

やわらかな夕暮れ    Bergen

Leica M4
Elmar 50F3.5(Red-Scale)

ノルウェーの港町
船上から見たかった。
春なのに長いながい夕暮れ、
まぶしくてぎらついた太陽だったが、
和らいだ時間が流れていた。

b0160190_4155910.jpg

ここは港の出口、
背後にある
フロイエン山に登ると町を展望できる
長崎に似ていた。

©All rights reserved.
[PR]

by Leitica | 2009-04-01 04:18 | Elmar 50F3.5(Red-S) | Comments(10)
Commented by 河童 at 2009-04-04 02:25 x
目の前に広がる 風景の中に溶け込み
一瞬にそして永遠になりたいと思うことがあります
いつも 夕暮れ時 です
僕達が失ってしまったものが そこに
あるからなのかもしれません

Qua!
Commented by Leitica at 2009-04-04 13:32
河童さま
夕暮れ時、何かの転換の時間なのでしょうか?
写真にも夕暮れ時のカットに
不思議な力が宿ることがあります。
そういう絵(時空)を撮るには
一番いい時間かもしれません。
Commented by hide at 2009-04-06 00:58 x
長く横から入る光に魅せられて、
夕暮れ時になると特にカメラを持ち出したくなります。
とは言っても、
わたしの腕では必ずしも良い写真が撮れるという訳ではないのが、
残念なところですが。。。

ここに載っている写真はどれも、
実際にプリントを見てみたくなる写真ばかりです。
個展など、その機会がありましたら、必ず伺いたいと思っています。
Commented by Leitica at 2009-04-06 16:28
hideさま
夕暮れは僕も本当に好きで
モノクロでもカラーでも良いと思います。
いつか写真展を見ていただけると嬉しいです。
その時は宜しくお願いいたします。
Commented by ゆみひこ at 2009-04-06 22:28 x
心にしみます。日本と光がちがうんでしょうか。

フィヨルド探索には行かれたんですか。
Commented by sumimomu at 2009-04-07 04:51
こんなにおっきな船、乗ってみたいです。
いいですねー

奇麗な港ですねー

今、モデルだけフランスに行ってしまっているので
久しぶりに風景など撮ってきました。
近々アップします!
Commented by Leitica at 2009-04-08 21:05
ゆみひこ さま
明らかに、日本とは違う光だと思います。
輝くというか、澄んでいて眩しいというのか。
これは本格的なフィヨルドでは有りませんが
フィヨルド的な光景も見える航路の帰り、
入り江に入ったところです。
Commented by Leitica at 2009-04-08 21:07
sumimomuさま
ここは本当に綺麗な港でした。
モデルさんだけとは少し寂しいですね。
風景写真楽しみにしています。
Commented by songsforthejetset at 2009-06-03 05:06
綺麗!ターナーの絵みたいですね。
シリヤラインで冬のバルト海を渡った時に、船底に氷が当たる音がしていたのを思い出しました。
北欧の光は美しいですね。
Commented by Leitica at 2009-06-04 00:52
songsforthejetsetさま
ターナーとは有難うございます。
ターナーの時代の写真を撮ってみたいものです。
バルト海の船旅。僕も北ドイツからスウェーデンまで体験しました。
異国に来たという感じがつよくした移動でした。


<< 通学列車     Siena      子どもの時間    Budapest >>